SSブログ

軽井沢の老舗洋食屋 菊水さん [食べ歩き]

軽井沢の老舗洋食屋 菊水さん


この記事は2009年1月に書かれたものです
2021年9月現在の情報ではありませんので予めご承知おきください
--------------------------------------------------------------------------
kikusui004.jpg[車(セダン)]去年の暮れに軽井沢に行ったときに立ち寄った洋食屋さん、菊水さんの写真をアップロードしました[exclamation]

別荘族御用達、よき昭和時代の洋食屋、老舗レストラン

など、いろいろな形容詞で説明されていますが知る人ぞ知るというか、けっこう有名なレストランみたいです。

という自分も、口コミサイトがきっかけで行ってみたのですが。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

で、上の写真はビーフシチュー洋酒煮込みです。
菊水さんの看板メニューのようで、サラダ、スープ、ライス又はパン、コーヒーのセットで4,200円なり
セットのスープはボルシチ風で単品としても十分通用する内容で、ビーフシチューは地産地消よろしく信州牛を使用していてナイフを使わなくても切れるほど。口の中でとろけるようでした。[グッド(上向き矢印)]


サラダも新鮮野菜を使って手抜きがありません


思わずメインと思ってしまうスープ


玉ねぎの甘みと肉汁がたっぷりのハンバーグステーキ
けっこうお手ごろな値段で食べられます
個人的にはランチにハンバーグでも全然[決定]です

外観からはまったく想像できない味で(失礼)、口コミでもない限り入り口のドアはくぐらないだろうと思うようなお店ですが、入り口を入ると厨房が見える大きな窓が開けられていてまだ若い3代目が出迎えてくれます。

テーブルで食事を待っている間は、厨房で食材を炒めたり揚げたりする音が聞こえてきて食欲を掻き立てます。
店内には絵画がかかっていて小さな画廊のようでもあります。
12月の週末の夜に訪れましたが、年配の別荘族の夫婦(店主と顔見知りらしく、懐中電灯をもっていました)と口コミサイトを見てきたと思しきカップルがいました。

雰囲気は昭和のよき洋食レストラン、味は正直で真面目な正統派
また訪れたいお店が一軒増えました。[ぴかぴか(新しい)]


冬晴れの別荘地


帰り道は鉄道記念物にもなっている碓氷峠のめがね橋を見てきました。


東京最高のレストラン 2009

東京最高のレストラン 2009

  • 作者: 浅妻 千映子
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2008/10/30
  • メディア: 単行本






軽井沢free 2008~’09年最新版 (毎日ムック) (ムック) (毎日ムック)

軽井沢free 2008~’09年最新版 (毎日ムック) (ムック) (毎日ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: ムック


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0