SSブログ
前の5件 | -

富士山本宮浅間大社に行ってきました [旅の風景(国内編)]



静岡県の富士宮というところに行ってきました
東京では桜が散った頃、彼の地、富士宮は桜の花びらが舞っていました

そこに富士山本宮浅間神社という立派な神社があるって知ったのはそこに着いてから

なんと不謹慎なことでありますが、富士宮焼きそばを食べてみたいと突然思い始めて
東京から3時間くらいで着けるというので行ってみたというのがきっかけです



Wikipedia によりますと
浅間大社は全国の浅間神社の総本社であり、富士信仰の中心地として知られる。
境内は広大で、本宮社地で約17,000平方メートルになるほか、富士山の8合目以上の約385万平方メートルも社地として所有している

ということで、焼きそばを食べに行ってたいそう立派な神社を参拝することになりました



逞しくタンポポが咲いていました









富士山の伏流水が湧いて出る泉があって池がありました
TV番組のブラタモリでやってましたが、富士山の噴火の際の溶岩の端がこの地で
それで富士山に染みた雨水が湧きだす場所という事でした
写真奥の欄干や白い車が写っている場所辺りまでが緩やかな傾斜となっていて
そこまで溶岩が流れていたのが分かりました



とても勢いの良い水が流れていました



お目当ての富士宮焼きそばです

富士山本宮浅間大社のウンチクは帰って来てから知ったのですが
歴史が分からなくてもその景色に圧倒されました



急ぐ旅ではなかったので帰り道は遠回りして身延線で甲府を回って帰ってきました
往復の電車は往復で7時間ほどかかりましたが、車窓を楽しんだり、居眠りしたり
そして、こんな本を読んでいました

真田三代 上

真田三代 上

  • 作者: 火坂 雅志
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/10/18
  • メディア: Kindle版


TVで見たブラタモリの復習に図書館で本を借りてきたのですが、富士山の回と一緒に真田氏ゆかりの群馬県の沼田が載ってまして、それがきっかけで最近真田氏に関わる本を読むようになりました

ちょっと歴史に詳しくなった気がした充実の日帰りプチ旅行でした



ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

ブラタモリ (2) 富士山 東京駅 真田丸スペシャル(上田・沼田)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/07/29
  • メディア: 単行本



富士宮やきそばアンテナショップ
http://www.umya-yakisoba.com/contents/2009/07/antenna-shop.html


nice!(31) 

新潟の桜は立派だった 分水駅の桜 [花の写真]



今年の桜の開花は結構早くて、例年だと新潟の桜の満開は4月中旬というが
なんと3月末には開花しているというので青春18きっぷの利用できる4月上旬の週末に
鈍行列車を乗り継いで新潟まで旅をしてきました



旅先は日本海沿いの弥彦山の麓から少し下った分水という町
モノづくりの町として知られる燕市にある田んぼが広がるところに
JR越後線というローカル線が走っていて、分水という駅を目指しました



分水という地名は信濃川の反乱を防ぐために分水路を設けた地点にちなんだのでしょうか
その大川津分水路という川の堤防にも桜の木が続いています

大川津分水の桜は日本さくら名所100選に選ばれています



JR越後線の分水駅には立派な桜が植えられていてホームがある斜面には水仙の花も咲いていました



枕木を使った柵がいかにも鉄道っぽい風景ですね



弥彦神社へ向かう起点となる弥彦駅へ向かう道にも立派な桜が植えられていました
神社へ行った日は生憎に雨だったので神社の写真はありません



弥彦へ向かう途中の吉田という駅で時間があったので駅の周辺を散歩しました
けっこう古い街並みが残っていていました

1泊2日の旅の半分以上を移動に使ったので写真はこの程度です
在来線で群馬県から国境の長いトンネルを抜けて雪国へ向かいましたが
平地では桜が咲いていても越後湯沢の辺りは一面雪が残っていました


nice!(27)  コメント(3) 

横浜 みなとみらいと大岡川の桜 [花の写真]



今回は横浜の桜です

横浜の桜を見るのは実は人生初です

それにしても、今年(2021年)の桜は4月の声も聞かぬうちに満開になって
あっという間に散ってしまった印象です

桜の木の下にシートを広げてお花見してということは出来ないので
カメラを片手に散歩をしながら横浜の桜と花の表情をスナップしました


@みなとみらい 汽車道 第二号橋梁


@汽車道の桜


@ランドマークタワーと


@赤レンガ倉庫




@大岡川



朝から気持ちの良い天気でした
用事があったのですが、早々に済ませて半日ほど歩きました
仕事以外で横浜をこうして歩いたのは学生時代以来でした
近場の観光もなかなかいいもんですね
nice!(29) 

東京の桜 外濠~靖国神社~千鳥ヶ淵 [花の写真]



2021年の桜、今回は都内の外濠から靖国神社、千鳥ヶ淵を散歩しながらの写真です
出かけたのは3月23日で、花自体は5分咲き、場所によっては2、3分咲きくらいでした



ということで続きを見る


nice!(25) 

わに塚の一本桜 (山梨県韮崎市) [花の写真]



先月の最後の週末に山梨県韮崎市にある わに塚の一本桜 を見に行ってきました

わに塚の桜は推定樹齢約330年、幹周り3.6メートル、樹高17メートルの見事なエドヒガンザクラの1本桜です

ここ数年、毎年見に行ってましたが昨年は緊急事態宣言を受けて見に行けませんでしたので、今年は自転車を電車で輪行して現地では人との接触を断って行動しその姿を見てきました











今年は3月26日からライトアップが行われていまして、ちょうどライトアップされた姿を見ることが出来ました

ライトアップは午後6時30分からでしたがベストポジションを確保すべく3時くらいから多くの人がスタンバってました

実際、ライトアップが始まると数分撮影してその場を去りますので場所取りしなくてもよかった気がします



わに塚の桜の近くには武田八幡宮があって立派な鳥居がありました

武田八幡宮の歴史は古く822年に嵯峨天皇の勅命により、武田王を祀るために創建されました



その鳥居から武田八幡宮までの急な坂の途中で見つけた水仙の群生
武田八幡宮の写真は日が陰ってしまったのでお見せできるものがありませんでした



名もない桜の木も立派です
水路の石垣とのコントラストが印象的でした



こちらもわに塚の桜の近くにある諏訪神社の桜

今年の桜は本当に早く咲いて、あっという間に散ってしまいましたが
やはり春はいいな、日本人に生まれてよかったなと思いました



公益社団法人やまなし観光推進機構 わに塚の桜 情報サイト
https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p1_4881.html
nice!(27)  コメント(6) 
前の5件 | -